読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

出口と崩壊②

前にいた職場は、給料明細は紙でもらっており、福利厚生や年末調整をはじめとした手続きは全て紙媒体の書類を使っていました。
社員の手続きは庶務担当がすべてやってくれていたようです。

逆に今の職場は、すべてパソコンで管理されています。
休みや残業手当などはパソコンのマイページで申請し、給与明細は閲覧します。
手続きは基本自分で行う。

 同じ系列でもこんなふうに異なることがあるようです。
社員数の規模が全然違うのでこうなるのでしょうか。

ある時、部下の残業時間や有給取得日数、健康診断の結果などの個人情報を上司が閲覧できるということを知りました。

 

nadeemsan.hatenablog.com



前にも書いていますが、
職場をはじめ、親兄弟にも自分の病気のことは誰一人伝えていません。
言い方を変えれば「隠して働いて」います。

僕は多額の治療費がかかっており、公費負担を受けています。
そして膨大な医療費控除の手続きのため、会社の健康保険部署の担当者だけは
ぼくの病気のことを知っています。
保険担当の部署(組合)は本社にあるため、担当者と直接顔を合わせたことはないですが、書類を提出しています。

まして上司はいつでも自分の個人情報を閲覧できる状況にあるわけです。

会社内の個人情報などあってないもの。
いつどこでばれるか、という思いが常にあります。

ばれて会社に居づらくなる。
普通に働くことが出来ない状況になることは容易に想像できる。
だから僕はどうしても「自分の病気」を隠したい。

それが唯一の生活を守る術なんです。