読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

保険と保証

保険に3つ入っています。
3つともに医療保険

①共済  

都道府県がやっているやつです。都民共済とか県民共済とか。
入院したら1日5000円、死亡保障もついてきます。
ただし、60歳とか過ぎると給付金や補償額が下がってしまうという特徴も。
掛け金は2000円/月。
共済なので年に6000円くらい返金があります。

②メディケア生命の医療保険

CMでもたまにやってるメディケア生命。
入院したら1日5000円、手術で10万とか給付されます。
60歳で支払いを終えれば生涯補償されるやつで、掛け捨て型。
掛け金は2300円/月

③富士生命のがん保険

がんと診断されたら200万受け取れるもの。
入院給付金とかはなく、この診断一時金だけのものです。
掛け捨てタイプ。
掛け金は年間で26000円。
両親ともにがんなので。


以前話を聞いたFPの人から、
「保険に高いお金を払って貯蓄をするなら、自分で貯金をするのが一番良い。」と
言われそのとおりにしてます。

なので、入っている保険3つは全て掛け捨て。
貯蓄型の生命保険などは一つも入ってません。
入ったところで、何かあってもお金を残す家族もいないので意味ないですが。

結局保険は保証の域を出ないので、もしもの時は現金で貯蓄で持っているのが一番です、とそのFPが言ってました。
だから毎月給料の手取り半分を貯金するようにしています。

これらの保険は今の病気が分かる前に入ったものです。
今の僕の体では新規で保険に入ることは出来ないですから。

ちなみに株とか投資とか全然分からないので、何もやってません。
パソコン音痴。

保険に毎月6000円の掛け捨ては高いかなとも思いつつ、今の体ではもう入ることは出来ないので、そう思うと入っておいて良かったとも思い払い続けてます。