読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

ツアーと個人旅行

「旅」というと、どことなくメランコリックで崇高なイメージがある。スナフキンのように。現実から逃避するもののような。
「旅行」というと、娯楽や観光という要素が強くなり、現実と一緒に行くものというイメージになる。

海外旅行の形態は大きく4つに分けられると思う。

①添乗員付きで旅程がすべて決まっているツアー
②航空券とホテル、もしくは空港ーホテル間の送迎のみ付きフリーツアー
③航空券とホテルをそれぞれ自分で手配する個人旅行
バックパッカー

私の場合、ほとんど③か④です。

 


二人以上で旅行に行くのであれば、ツアーで申し込んだ方が安く楽なことが多い。
一人旅ではツアーにすると一人部屋追加料金をとられ割高になってしまう。
それに、二人以上だと、タクシーや食事を割り勘できて経済的でもある。
美味しいものを食べたり、きれいな景色を見て共感もすることができる。

旅の目的はその人により異なり、一人旅の良いところ、グループ旅行でのいいところもそれぞれにあると思います。

グループで楽しそうに旅行しているのを見ると、「楽しそうだな、いいな」と思うことは多々あります。一人旅は気楽で誰に気を遣うこともなく気の向くままに動くことができるけど、誰かが隣にいて同じ感動を共有するということは、一人旅の一人行動ではけして味わうことのできないもの。

私も以前はグループで卒業旅行や、当時唯一の友人と海外旅行へ行ったことがあります。旅先で誰かが隣にいることの安心や、楽しいことは何倍にもなることを学びました。

若者が世界を見て見聞を広めることや、自分探しをするようなストイックな旅はともかくとして、数日程度のバカンス的な旅行であるのなら、誰かと一緒の旅のほうが楽しいことも多いのではないでしょうか。

ツアーを検索すると、時折激安の超お得ツアーもあったりして、「いいな・・・」と思いますが、一緒に行く人がいないため結局そのお得ツアーも一人参加代金をプラスすると割高になってしまい、激安でも超得でもなんでもなくなってしまいます。

一人旅が好きだから一人で行く旅と
一緒に行く相手がいないから独りで行く旅と。

一人旅の中にも二つの形があるのだと思います。

GWも終わり、次は夏休みですね。

GWは家から一歩も出ず1円も使わなかったので、夏休みは少しお金を使いましょうか
独り旅に