読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

星野のおばあちゃんと僕

日記

まだ20代の頃のことです。

星野さんというおばあちゃんが近所に住んでいました。

おばあちゃんは僕を見るたび「いい男だね~」と言ってくれました。

褒められて悪い気がする人はいないでしょう。
たとえ相手がおばあちゃんであっても。
普段そんな褒められることのない自分は、「そんなことないですよ」と謙遜しながらもとても嬉しかった。

たまに顔を合わせては挨拶を交わす程度でしたが、そこまで自分を褒めてくれた人のことはなかなか忘れません。

その後おばあちゃんは白血病で亡くなりました。
僕はおばあちゃんの人生に顔を出しはしたが、おばあちゃんの人生の住人ではありません。
逆もしかりです。

それでも、たまーに星野のおばあちゃんのことを思い出します。
いつも僕を褒めてくれてたなーって。
僕の記憶の中ではおばあちゃんは生き続けています。


星野のばあちゃん元気かな。