独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

ソウル・バンコクと旅行記2018年12月(駆け足ソウル立ち寄りで神タクシー運転手に出会う編)①

12月29日~1月3日まで韓国経由でバンコク旅行へ行って来ました。


チケットはアシアナ航空で¥68000。
5月に購入しましたが、年末年始ドンピシャの日程としては安かったと思っています。


ソウルは4回目、バンコクは20回目くらいなのですが今回も全く観光もショッピングもしてませんでして・・・。


現在の僕の旅の目的は「自分の見聞を広める」ことではなく、「逃避」や「癒し」なので、海外へ行っても観光地的なところには行かず旅行記と綴るのもおこがましいほど何もしていない旅なのですが、いつもながら「こいつこんな風に旅したんだー」的な読み物と考えてこの先お読み頂ければと思います。

続きを読む

車検と太った鴨②

車検が終了し、午前中ビッグモーターに車を取りに行って来ました。


総額11万。


過剰整備。
あー、腹が立つ。


なんで買って5年の25000キロしか乗ってない軽自動車の車検に11万もかかるんだよ・・・とハラワタが煮えくり返る。


電話で見積もりを言われた時に、「今回必要ないものはいらない」ともっと強く言うべきだったと後悔に後悔。
痛恨の極み。


ビッグモーターは店内に入ると自販機のドリンクが飲み放題だったり、ポップコーンが食べ放題だったり、2年間オイル交換無料だったり、最後にティッシュ10箱くれたりと、至れり尽くせり。


きっと過剰整備で儲けてるからこんなチャラいこと出来るんだなと考えると、またさらに怒りがフツフツ。


受付の姉ちゃんや整備士の話し方も全てがムカツク。


しかもさっき電話がかかってきて、「自賠責保険料を
810円多く頂いてしまったので、返金させていただきたい。ご来店いただけますでしょうか」とのこと。


行かねぇよ!


なんだよ、自賠責保険料多く取ったって・・・。
普通そこ間違うか??


やっぱ腹立つわ。
こんなふうに色々過剰整備で上乗せされてんだなー


二度と車検なんか行かねぇぜ!


2年間オイル交換無料だからそれは使うけどな!


1年半後に車検の勧誘の電話がかかってきたら断る!

ななつ星とそう遠くない未来

今日久々に実家に行ったところ、姉から姪が家を出て彼氏と同棲を始めたと聞きました。


今22歳になった姪。


姉が離婚して実家に子どもを連れて帰って来た時、まだ姪っ子は3~4歳くらいでした。
当時僕は高校生でしたが、姪というよりまるで妹が出来たようでかわいくて。


それはそれは可愛くて 笑


姉の目を盗んでは、しょっちゅうほっぺにチューしてましたね 笑


そんな姪が彼氏と同棲。
そのうち子どもが出来たり、結婚したり。


そりゃ僕の白髪も増えるはずだわ。


さてと、僕も同棲相手を探すために明日はペットショップに行ってこようか。


そうだねとそだねー

今日職場で2人で話をしていた際にその人が言っていた。


自分が言ったことに「そうだね」って共感してくれる人がいることはとても大切なことだと。


ほんとその通りだなぁと思った。


味方じゃないけれど、自分を肯定してくれる人がいることは生きていく上でとても重要なことだ。


今の僕には、


このブログで温かいコメントを下さる方。
コメントはしなくてもどこかで「いや~分かるわ~」と思ってくださる方。


そういう人たちがいて、とても救われている。


顔も見えないのに、ありがたいなぁと思う。


今日は頭痛がひどくてさっきロキソニンを飲んだ。


何億光年向こうの星も
床に落ちた小さな埃も
皆存在することに意義があるのだろうか。


車検と太った鴨①

 昨日車の中古売買&車検で関東を中心に展開している「ビッグモーター」へ車検に出してきました。


今回で購入してから2回目の車検、5年目の軽自動車です。


で、さきほど電話がかかってきまして見積もりを聞いてびっくり。
自賠責とか全部コミコミで13万・・・。


5年目で走行距離はたったの25000キロ。


何をどうすればそんな値段になるんだよと突っ込みたくなる気持ちを抑え、
最低限車検が通ればいいので、そうでないものは省いてくださいとお願いする。


でも、それでも11万弱・・・。


ブレーキオイルだとか、バッテリーとかも交換が必要みたいです。
あとは足回り。


車の整備員の人ってよく部品類の「劣化」という言葉を使うけど、
足回りの〇〇が亀裂が入っていてとか、劣化していてとか言われても素人は
意味分からんし。


結局不安心を煽られるので、よく分からないままめんどくさいのでそれでお願いしました。


11万・・・。


繰り返すけど走行距離たったの25000キロだぜ??


次回からはめんどくさくても他社でも見積もりとってみるか・・・。


僕は友達がいないので、「お前車検いくらかかった?」とか気軽に尋ねられる相手がいません。


こんな時に友達とかいたらいいのになぁとしみじみと思い知らされました。

nadeemsan.hatenablog.com

 

支出と内訳(2018年12月)

収入


手取り21万+ボーナス50万


支出

食費    ¥16115(日曜に4回まとめて買い出し。お菓子、米なども含む)
家賃    ¥38500
電気代   ¥4081
ガス代   ¥4920(プロパンガス、節約のためシャワーのみ使用)
水道代   ¥1776(二か月に一度の請求のため今月はなし)
保険    ¥6200(毎月固定の医療保険やに加えがん保険の年払い)
ガソリン  ¥3300(軽自動車)
携帯    ¥1873
交際費   ¥0
プロバイダ ¥0(家賃に含む)
日用品   ¥756(ダイソーなど)
衣服    ¥0
医療費   ¥25070(ひげ脱毛の再契約)
贅沢費   ¥2000(いきなりステーキ1回)
旅費    ¥40000(年末年始の韓国・タイ旅行) 


支出ではないですが、別に¥110000を貯金。



合計¥144591


今月はボーナス月。
初めてボーナスが50万円を超えました。
嬉しかったです。
35万円は貯金、15万円は旅費やお年玉、ひげ脱毛に使いました。


ひげ脱毛は新たにコース契約のため少しまとまった支出となりました。
6回終わったのですがなかなか抜けないんですよ、ひげ・・・。
道のりが遠い。。


旅費に関しては、韓国で10000円、タイで20000円ほど両替。
羽田・成田空港までの交通費などで10000円ほど使いました。
タイでは20000円両替したけど、現地では10000円しか使ってません。


今月は光熱費がぐっと増えましたが、仕方ないですね。


以上、2018年12月の家計簿でした。

稀勢と撃沈

横綱稀勢の里が進退をかけて臨んだ初場所で初日から3連敗。


帰ってきてテレビをつけると、
「がけっぷち」だの「横綱史上ワースト8連敗(前の場所から含めて)」「がっかり」
「もうダメ」などという言葉が飛び交っていました。


その報道の仕方はさながら戦犯扱いのよう。


スポーツ選手って絶頂期に辞めて引退する人もいるけど、年齢とともに衰えていって、ケガもあったりで成績が残せなくなって引退する人がほとんどですよね。
特にサッカーとか野球とか。


もちろん相撲だって同じなわけで。


なのに横綱は絶対的強さじゃないといけないみたいな風潮があって、こうして連敗するだけでまるで相撲界に対する戦犯みたいに報道されて、見ていてヘドが出る。


負け続けていたって、相撲が好きだからとか、応援してくれているファンのためとか、そういった思いで相撲を取り続けて土俵に上がっている気持ちがあったとしたらそれはとてもかっこいいことだと僕は思うのだけど。


力士は他の競技と違って月給制だから毎月多額の給料をもらっている以上は成績残さなくちゃいけないのは分かるけどさ。


でも執拗に進退について報道するテレビに心底嫌気がさす。


話は変わり、2019ー2020の年末年始は数年に一度の9連休。


ANAの残りのマイルで韓国経由のバンコク行きを調べていて、
年末年始なんてANAの直行便は速攻で空席無くなるけど、帰りのシンガポール航空の羽田行きがドンピシャの日程で空席が出ていて。


これはものすごい幸運で予約しようと思ってたけど、
ちょっと迷って・・・


でも2時間後にやっぱ予約しようと思ってサイトを見たら、もうすでに無くなってました 笑


そりゃそうだ、迷っている暇はなかった・・・。


年末年始なんて見つけたらその場で予約しなくちゃね。


撃沈。


チャンスの女神に後ろ髪はない。