独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

着古したティーシャツと100万年眠る猫

f:id:nadeemsan:20170712001248j:plain

部屋着として着ていたT-シャツがついにダメになりました。


20歳くらいの頃に買ったものなので、かれこれ15年以上経ちます。


なぜ覚えているかというと、
当時僕は東京に住んでおり、静かで雰囲気のある古着屋がたくさんあった高円寺が好きでよく通っていて、なかでもお気に入りだった「Pearl」という古着屋で買ったものだったからです。

たしか500円くらいだったと記憶してます。


ボロボロで擦り切れてついに肩に穴があきました。 
色も黒だったのが、今は日焼けで白っぽく退色しています。


思い入れのあるものですが、今日でサヨウナラします。



こんな僕に15年も寄り添ってくれてどうもありがとう。


こんな僕に出会ってくれてどうもありがとう。

やるせなさとやるせなす

 

梅雨があければ夏が来る。


花火大会、お祭り、BBQ、海・・・・
どれもこれも自分はまるで縁がない行事に世間は色めき立ち、賑わいを増す。


外気温に比例して僕の心は氷点下のまま。
冷蔵庫だって冷えにくくなるのに、なんでこんなに僕の心は冷えているのだろう。
ビールを入れたらよく冷えるだろうね。


そんな独男。
部屋の電気を消して、物思いに更けながらボーっとするのに適した洋楽。


「 Shape  Of  My  Heart 」


おそらく、日本で好きな洋画BEST100とかのアンケートとったら必ず上位にランクインされるであろう映画「レオン」の主題歌。


映画も曲も知らない人はいないほど有名ですが、この編曲は神ってますね。






暗い気持ちをさらに暗い気持ちにさせてくれる曲。

いつもお世話になっております。




支出と内訳(2017年6月)

6月の家計簿。



収入

手取り21万


支出

食費    ¥14078(日曜に4回まとめて買い出し)
家賃    ¥38500
電気代   ¥1663
ガス代   ¥3609(プロパンガス、節約のためシャワーのみ使用)
水道代   ¥0(2か月毎の請求のため今月はなし)
保険    ¥6300(毎月固定)
ガソリン  ¥3000(軽自動車)
携帯    ¥2700(ガラケーの基本料金のみ)
交際費   ¥0
プロバイダ ¥0(家賃に含む)
日用品   ¥513
衣服    ¥0
医療費   ¥10000(定期通院代)



支出ではないですが、別に¥110000を貯金。



合計¥80363


今月は病院への定期通院があり医療費が10000円と大きい支出がありますが、それ以外は全くお金を使うことがありませんでした。


生活の必要最低限のことしかしていません。

 

 


以上6月の家計簿でした。

皿と更

皿洗いがめんどくさい。
自分は何を食べたいのか分からず、適当に野菜を中心に食べている。

人間の最大の欲求と思われる食うことすらめんどくさいと思っているのに、どうして皿洗いなど出来るわけがない。

そして、少しでも皿洗いを減らすためこの皿を買ってきた。

f:id:nadeemsan:20170516204629j:plain




僕は体を壊さないように野菜のおひたしや、冷奴、トマト、漬物をよく食べているので、これらを盛るには最高ではないだろうか。


30代のおっさんがこの柄かよ!と突っ込まれた方。
おっしゃるとおりです。
ですが、これしかなかったのです。


ご容赦ください。


この食器で30代独男が食事する光景。
痛いのは分かります。
でも人様に見せるわけでもない。
一人、アパートでこの食器で食べるだけですから。
誰にも迷惑かけないですし。


そしてマグカップが6つある。
誰も訪れることのないこの部屋に。
1つで充分だろ。


1つあればいいのにまして6つ。
捨てようと思う。


これを何て言うか知ってますか?




「無駄」と言います。




だって、けして使うことがないのだから。

すいかと教訓

2003年に日本テレビの土曜21時枠で放送されたドラマ「すいか」




知っている人や好きな人は、木皿泉小林聡美もたいまさこ片桐はいり
荻上直子監督作品(かもめ食堂とか)が好きな人な人だと思います。

matome.naver.jp


自分も何十回と見ました。



生きていくうえで大切なことは、このドラマを見ればだいたい学べると思っています。


大人としての。


漫画のワンピースでもこういうこと言う人いますよね 笑


主人公の小林聡美演じる信金のOL基子は34歳。
人生に行き詰っている。



幸せというのは見えにくいものであり、気づき難いもの。
幸せの真っ最中の本人は、きっと気づくことさえない。



そんなことを教えてくれる教科書のようなドラマ。


ちょうど7月~の夏に放送されていたので、この時季になると思い出します。



自分のような後ろ向きな人間にぴったりなドラマです。





白い車と部屋窓から

友人ゼロ、もちろん恋人もいない僕は、実家と医者くらいしか行くところがありません。


何度も書いていますが、アフターファイブと週末の休日はアパートにひきこもるだけです。


僕の住むアパートの住人は家族と単身者が半々くらいだと思うのですが、いつもみなさん出払っていて、駐車場にはほとんど車は停まっていません。


そんな中でも、わりと駐車場に停まっている確率の高い黒い普通車があります。


僕的には勝手に、人づきあいの少ない、同じお独りさま組合所属の組合員の方かな?なんて勝手に想像していました。


その車の持ち主は30代くらいの女性です。


たまにすれ違う程度ですが。



でも、今日見かけた光景は・・・・。



干した洗濯物を取り込もうとベランダの窓を開けると、見慣れない一台の白のセダンが駐車場に入ってきました。


運転しているのは男性。


そして数十秒後、お独りさまの組合員かと勝手に思っていた女性がちょっとお出かけ用の服装をして助手席に乗り込みました。



なるほど・・・・



そうだよね、そりゃそうだ。



申し訳ありませんでした。
勝手に仲間と思い込んだりして。



そう彼女に向けてつぶやきました。

青天と霹靂

先日の記事で、10年来ずっと診てもらっていた同い年の歯科医師が県外で開業するため辞めていなくなってしまったということを書きました。

 

nadeemsan.hatenablog.com

 




その通っていた歯科医院は車で30分かかるところにあり、ちょっと遠いです。
その先生がいたから遠くても通っていましたが、いないのであれば敢えてそこまで行く必要がありません。

しかも、歯のクリーニングとか歯科衛生士ではなくただの助手のおねえちゃんとかがやってたっぽくって。


で、次の歯医者はどうしようと思って考えたところ、家から車で7~8分のところにある、5年くらい前に出来たわりと新しい歯医者に予約を取って今日行ってきました。


中に入るとめちゃくちゃきれいです。


まずは歯科衛生士らしき人に定期検診であることを告げ、色々検査をすると言われました。

虫歯のチェック⇒歯肉のチェック⇒レントゲン⇒口の中の写真撮影


こんな感じで進みます。


ここまでですでに動揺・・・


そっか、初診だとこんなに詳しく調べるんだ・・・・と思いました。


以前診てもらっていた歯医者は、その先生がまず口の中をチェックして、異常がなければ歯のクリーニングをして1回で終わりでした。
半年毎に検診に行ってましたが、けして不必要な治療はせず、レントゲンは2年に1回くらい。


それでも、毎回必ず気になるところがないか確認してくれ、治療した方がよいところはきっちり説明してくれて、なるべく通院回数が少なくて済むようやってくれる先生でした。


そして一通りの検査を終えて渡された「歯の健康診断書」なるものに記載されていた虫歯の数は、


14本・・・



奥歯に11本、前歯に3本だそうです。


ま、ごく小さいものも含めてであり、治療しなくて経過をみていいものもあるようなのですが、

今日1回くらいで終わるかなと思っていたので、「どのくらいかかりますか?」と尋ねると、


全部治そうと思うと数か月かかります・・・だそうです。


前に治療した銀歯を被せてあるところの溝にも虫歯があるのだそう。


歯科衛生士さんと思われる女性からそのようなことを説明され、歯医者の先生は次回に下の歯の歯石を取って治療していきましょうと言って30秒で去って行きました。。


え・・・歯石とるのも、上下で2回に分けるんだ・・・。


半年前に行った時、前まで診てもらっていたタメ歳の歯科医師は、「銀歯を被せた溝がどうしても黒く虫歯になってきちゃうので、治療が必要になったら一度外して削った方がいいけど、しばらくは大丈夫。様子をみよう」と言っていました。


以前から小さい虫歯はあったのでしょうけど、14本って・・・・。
ほぼ半分ですよ。


今日は検査だけで、歯石取りなどの処置は一切行われず帰ってきました。


もう放心状態。
14という数字がぐるぐる脳内をリピートします。

一体いくらかかるんだ・・・
一体どのくらいの期間通うんだ・・・


前の先生は10年診てもらってても、一度もそんなこと言わなかったのに・・・・


今日行ったところがわりと最新式の設備があって、検査もものすごく丁寧というのは分かるのですが、半年前とのあまりのギャップに戸惑いました。


歯科医院、そして医師によってこんなにも違うものなのかと。


どっちに従えばいいのだろう。


お会計は¥3040。


とりあえず次回の予約はとらないで帰ってきました。


そして、今日行ったところではなく、違うところか前行っていた歯医者に行こうかと考えています。