独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

はっちゃん食堂と幸福論

先週日曜に放送されたフジテレビのザ ノンフィクションにて取り上げられた群馬県桐生市にある「はっちゃん食堂」へ行って来ました。

 

nadeemsan.hatenablog.com

 



もうどうしても行きたくて行きたくて。
はっちゃん(店主のおばあちゃん)に逢いたくて。


早起きして車を運転し行ってきました。


着いたのは11:00少し前。
その頃にはすでに半分以上席が埋まっており、僕のようにザ ノンフィクションを見て来店したという人もたくさんいました。
神奈川ナンバーの車も来てましたね。

f:id:nadeemsan:20200808225342j:plain


そして常連さんもたくさん。


料理は10種類以上あり、煮魚・たけのこ煮・豆煮・焼き鮭・なすの煮びたし・茹でイカ・カレー・おこわなどなど・・・

f:id:nadeemsan:20200808225255j:plain


土曜限定なのかな、今日は焼肉までありました!
これらが全て食べ放題で500円。
しかも小学生までは無料。


小学生連れの家族も来ていましたが、はっちゃん本当に「小学生以下は無料だよ」と言ってました。


僕ははっちゃんを見て思わず嬉しくて「はっちゃんに逢いたくて来ました!」と抱きついてしまいました!


お腹いっぱいになったかい?美味しかったかい?お肉食べな!と客に聞くはっちゃん。
それらの言葉がなにより嬉しくて、採算度外視で自分の年金を使ってまで一人500円でこの食堂を続けているそうです。


以前子育ての一段落した50代後半の頃、原付バイクで日本縦断の旅に出て、九州で見ず知らずの人に家に泊めてもらい、その時に親切にしてもらったことが忘れられず、自分も同じように困っている人にやさしくしたい、お金がない人にもお腹いっぱいご飯を食べさせたいという思いからこの食堂を始めたそうです。


お金は温められないけれど、人の心は温められる。
自分の作った料理で人のお腹も心も温めたいといはっちゃんの思いに賛同し、お友達がたくさんお店を手伝っていました。


常連のおばさま方と1時間以上一緒にご飯を食べ、孫の話などを聞き、とても楽しく幸せな時間を過ごすことが出来ました。


これまた近所の常連のおばあちゃんが卵豆腐2個を「バッグに隠して持って帰りなさい」と10回以上言ってくれて、苦笑いw
断るのに必死でしたw


とお腹も心も温まる場所。
それがはっちゃん食堂。


はっちゃんも、お手伝いしているお友達も、常連のお客さんたちも、それはそれは素敵な方々でした!


激込みの中みんなご飯食べてる場所なので、一緒に写真撮ってくださいとは言えず、隠し撮りが精一杯でした。

f:id:nadeemsan:20200808225219j:plain


8月12日のテレビ朝日スーパーJチャンネルの18:15~、9月4日の20:00~NHKでもはっちゃん食堂が取り上げられるようです。


来週も行こうかな。





ザンジバルとハンニバル

梅雨が明けてから僕の住む関東も猛烈な暑さが続き、夜も熱帯夜で特に室内は異常に暑いです。


布団に入る時にはエアコンを消して寝ていたのですが、一昨日は汗びっしょりかいて夜中起きこのままでは再入眠は無理と思いまたエアコンをつけて寝ました。


昨日はその教訓を生かし、エアコンをつけたまま寝たのですが、慣れないためか眠りが浅く夜中に何度も目が覚めました。


寝不足+暑さにやられ、昨日も今日も午後からずっと頭痛。
カロナール飲んだりロキソニン飲んだり。


そんな感じで体調不良。
そのため3日間筋トレもお休みしてます。


この3連休で少し暑さに慣れよう。
コロナが流行ってからもうずっとプールに泳ぎに行ってない。
明日行こうかなって思ったけど、プールでマスク着けるわけにはいかないし、ということはマスク外してみんな会話してるし、それこそガッツリ泳いでいる人なんて息継ぎの時とかめっちゃ飛沫飛ぶよね??


そう考えると行けない・・・。
普段どれだけマスクしてたって、プールとか日帰り温泉とか、その時はマスクしないでみんな話したりするわけで、日頃気を付けてる意味がなくなる気がするw


ちょっと涼みたいけど、アイデアが思いつかない。


そんな夏。

エアリズムとポリリズム


ども、夏の暑さが苦手、楽しい夏を過ごしたことのない独男です。
夏は大黒摩季のところにしか来ないのでしょうか?


先週のことですが、
以前旅先で出会った人が「パンツは絶対にユニクロのエアリズム。旅先で洗ってもすぐに乾くし蒸れない」と絶賛していたのを思いだし、エアリズムのパンツが安くなっているのを狙って買いに行って来ました。


チラシ価格で1枚990→790円。
普段3枚で1000円とかのパンツを履いているので僕にとってはやや高めですが、
4枚購入。

f:id:nadeemsan:20200806231453j:plain


ほんと久々にユニクロで洋服買った。

最近ユニクロすら高いと感じるようになり、
最近はほとんどネットかドン・キホーテで1枚298円のとかばっかだったから。


この夏はヘビーローテーションと思い履いていますが、期待し過ぎたのか思ったほど快適ではなく暑いものは暑い・・・。
蒸れるものは蒸れるw


僕は尋常ではない汗かきで、汗の量はその辺のデブには負けない。


駐車場に車を停めて職場へ歩く5分の間に汗でシャツは色が変わるほどびちょびちょ。
ちょっと辛いものを食べれば汗が吹き出し、顔からポタポタ汗が滴り落ちて水たまりが出来るほどびちょびちょ。


ぐしょぐしょ。


高校生の頃は部活中に何度も脱水症状で倒れ、パンツ・サポーター・ハーフパンツの3枚履きでも汗が吸収量を超え、ハーフパンツの裾からポタポタが落ちるほどでした。


マジ多汗症
ほんと困る。
脇汗なんて尋常じゃないですからね。
色の変わるT-シャツなんて絶対着れない。


というわけで、1枚1000円近いエアリズムでなくても、3枚1000円の安いパンツでいいやという話でした。



ふるさと納税と返礼品2020-④

ふるさと納税の返礼品が届きました。


それはこちら。
僕の一番好きな果物、PEACH。
桃でございます。

f:id:nadeemsan:20200805222251j:plain


山形県寒河江市に10000円ふるさと納税し、大きな立派な桃が12個も届きました!
少し硬めで届きましたが、僕は硬めの桃が好きなのでよき。

f:id:nadeemsan:20200805222332j:plain


桃は皮を剥かなくても食べられると先日何かのテレビで見たのですが、
剥くよねw


冷やしていただきたいと思います!


僕は毎年さくらんぼと桃は必ずふるさと納税の返礼品で頂いています。
2020年度はこれで最後の返礼品。
他には米や牛肉をいただきました。


また来年を楽しみにしたいと思います。


スカーレットとスターレット

夏が来る きっと夏は来る 頑張ってるんだから絶対来る ♪


ども、夏は大黒摩季のところにしか来ないのでしょうか?
独男でございます。


たしか去年の今頃はウクライナジョージア・トルコ周遊の旅に出ており、
ウクライナがめちゃくちゃ涼しくて快適だったことを思いだします。


今年の夏は県内でどこか涼しいところにでもと思い、県内のプール付きの宿とか探してみたのですが、冷静になって考えてみると、


プール付きの宿=家族連れが多い=カップルも多い=独りメンタル強化合宿


となることに気が付きました。


とはいえ夏休みを5日間取れるので、少し気分転換しないと違う意味でメンタルやられそうなので色々探してみています。


7月の4連休に続きメンタル強化合宿の旅へ。
どこをどう探しても、一緒に行く相手がおりません!



だってしょうがないじゃない♪ by和田アキ子  をBGMに検索。

キーマとジーマ

今日はキーマカレーを作りました。


ってゆうか、キーマって何??


You Tubeにてコウケンテツ氏の動画を見ていて、食べたいなーと思い。


使用したルーは「ジャワカレー キーマカレー用」です。
普段ジャワカレーは辛いからまず買うことはないけれど、キーマカレー用が売っていたので購入。

f:id:nadeemsan:20200803204400j:plain


具材は鶏ひき肉、たまねぎ、いんげん、赤パプリカ、ナスの5種類。


夏野菜を使用しております。
栄養満点でございます。
サザエでございます。


コウ氏のチャンネルでは時短!10分で作るキーマカレー!でしたけど、
10分で作れるわけないよねw
30分かかります。


そしてお味は・・・ギリ合格。
コウ氏曰く、福神漬けを刻んでルーに混ぜることが美味しく作るコツだそうです。

f:id:nadeemsan:20200803204426j:plain


普通のカレーより煮込む手間がかからないし楽です。
なのでむしろオススメかも。
4回分作れたので、あと3日間キーマ生活に突入です。

お金と心

www.youtube.com

今日の昼間放送されていたフジテレビの「ザ・ノンフィクション」見ました?


群馬で一人で食堂を営むはっちゃんという84歳のおばあちゃんの物語。


食堂では500円でご飯もおかずも食べ放題。
はっちゃんは「お金は温められないけど、人の心は温める」と言い、
以前に自分が旅先で受けた親切に感化され、自分も同じように誰かに親切にしたいと食堂を始め、500円食べ放題では採算が取れず、自分の毎月の年金を使いながらお客さんを幸せにしたいと週に6日お店を開けているそうです。


マジで素敵なおばあちゃん。


もうはっちゃんあまりにも素敵すぎて泣けました。


はっちゃんに会いたい、はっちゃんの作る料理が食べたい、そう思う人柄。


最後の最後に恩人が九州からはっちゃんに会うために現れる設定はどこをどう考えても「ノンフィクション」ではなく、スタッフによって用意されたストーリーであることは一目瞭然で首をかしげるけれど、はっちゃんが喜んでいたからまぁいい。


財産って、お金じゃなくて人なんだなって思わせられる、そんな回でした。
「人はね、ふれあいが大事なんだよ。」って。
今の僕には耳が痛いこと。


すぐに消されると思うのでぜひ。