独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

深海魚と夜景

深海魚。


なぜ太陽光も届かない、暗い深海になんて住んでいるのでしょうか。


エサが豊富?
敵がいない?


もっと明るい陽の当たる場所に行けばいいのに。


きっと人類の進化と同様に、生態系の中でなんらかの理由があるのでしょう。


もしかしたら明るいところは息苦しいのかもしれません。
僕がそう感じるように。


自分は夜景が好きで、バックパッカーをしていた頃、心に残る夜景を見たことがあります。


それは南米を旅している人たちの中では有名な、ボリビアの首都ラパスの夜景です。
世界一標高の高いところにある首都と言われているラパス。


その標高は富士山とほぼ一緒。
標高3500m前後です。


街はすり鉢状に形成されていて、その夜景はそれはそれは綺麗でした。


写真がないため載せられずすみません。


夜景=ロマンティックですが、お察しのとおり、日本で誰かと隣り合って見たとかいう経験は皆無です。


魚にとっても深海も、僕にとっての夜景も、暗いからこそ惹かれるのかもしれません。