独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

人工と肛門

前の職場で直腸がんに患った人がいました。


その人は手術で人口肛門となる可能性があり、手術前に「人工肛門だけは絶対に嫌だ。医者になんとしても人口肛門だけは避けてくれてとお願いした」と話していました。


人工肛門になって命拾いするか、人工肛門にならずに死ぬかといった究極の選択だったようです。

結果、その人は人口肛門になりました。

手術前にあれだけ嫌がっていた人工肛門

手術後に会った時に、なんて声をかけていいか分かりませんでした。
とりあえずお疲れ様でしたのような言葉を伝えると、

その人がこの歌を歌いました。

「これで~いいのだ~、これで~いいのだ~」

僕は「え?どうしたんですか?」と尋ねると、

「これで~いいのだ~、これで~いいのだ~ぼんぼんバカボンバカぼんぼん」と続け、

それ以上は何も語りませんでした。


人生にはどうにもならない出来事がたくさんあり、その困難に直面した時には「なんで・・・」と強く思います。それでも生きて行かなくてはならない。


今はその人と連絡をとることもなく、今もご健在なのか知る術もありませんが、時々思い出すことがあります。

元気でいて欲しいなー、と。