読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

永遠と絶対

僕の嫌いな言葉。



「永遠」と「絶対」。

生きていくうえで、この二つは無いと思っています。

永遠なんてない。
いつかは必ず終わりが来るのだから。

絶対なんてない。
たしかなものなど何も無いのだから。


「一生一緒にいようね」と誓い合っても、約束しても、本当は永遠なんてない。
絶対に壊れないものなどない。


日常でよく相手と会話する際に「絶対」という言葉を使いがちです。

「あのドラマ絶対面白いから見てみて」
「あいつ絶対今日ズル休みだよね」
「絶対損はしないから」
「刺身に生クリームつけて食べるなんて絶対不味いでしょ」


そういう自分もかつてはよく「絶対」を使っていたと思います。

でもある時から「絶対」なんてない、「永遠」なんてないと思ってからは、
意識してこの2つを言葉に出して使わないようになりました。


「永遠」と「絶対」。
あればいいなと思うことはあるけれど、ないのが世の常。


永遠を誓い合う。
素敵な響きだ。