読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

青と炎

先日アディダスのジャージをネットで買いました。


値段は¥10800。
運動用というよりは、タウンユース用のものです。

 

nadeemsan.hatenablog.com

 




Sサイズを買ったら小さくて、つんつるてん。
ずっと欲しかったものなのですが、サイズで大失敗。

それを職場の女性に話したところ、「ジャージが欲しいと思ってた」とのことで実際に持って行って見せたら気に入ってくれてその値段で買い取ってくれるとのこと。
なのでそこでそのままジャージを渡しました。
到着して一度試着しただけの新品で、もちろんタグもついたままです。
失敗した買い物品を買い取ってくれるので、消費税分はなしにして、きりのいいところでジャスト¥10000で。

額も額だったので、ありがたかったです。


その数日後。
「すみません、やっぱりサイズが自分にも小さくて。返品できますか?」
と言われました。

もうお店への返品期間も過ぎていました。
もともと自分の失敗した買い物を買い取ってくれた経緯があるので、僕は思わず
「それならあげます」
と言いました。


なんだろ、かっこつけたかったんですかね。
職場の人なので、あまり変なことは言えないです。


その人はたいして喜ぶこともなく「いいんですか?」とそのまま受け取りました。


何やってんだろ、おれ。