読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

マンダリンオリエンタル・バンコクと旅行記④(2017)

 

バンコク4日目。


今日はもう日本に帰るだけです。

5:30にガイドさんが迎えにくるので、5時に起床。
ベッドの寝心地も例えようがないほどです。
適当に荷物を詰めますが、リュック1個で来ている人などこのホテルには誰もいないので、逆にガイドさんにびっくりされました。

送迎車は30分くらいでスワンナプーム国際空港到着。

驚いたのは、チェックインまでガイドさんが付いてきてくれてお世話してくれるんですね。
ツアーって凄いなぁ。

イミグレを抜けたあとは、ダイナースやプライオリティパスで使えるオマーン航空のラウンジへ行きます。

 

f:id:nadeemsan:20170211184757j:plain
オマーンって、たしかイラクとサウジに囲まれて、普通の旅行者は陸からはアクセス出来ない陸の孤島って呼ばれてるところだっけ?(違ってたらすみません)

f:id:nadeemsan:20170211184711j:plain
フード類。朝なのでたまご料理が充実してました。

f:id:nadeemsan:20170211184733j:plain
中東の国なのでドライフルーツもたくさんの種類が。
左にあるデーツ(ナツメヤシ)を見ると、中東って感じがします。
味は干し柿に似ています。

f:id:nadeemsan:20170211184551j:plain

f:id:nadeemsan:20170211184616j:plain
すいてるし、仮眠室みたいな部屋も2つありました。

f:id:nadeemsan:20170211184643j:plain
なかなかお勧めのラウンジです。アルコール類もありました。


そうこうしているうちに搭乗時間に。
機内はまたしても超満員です。

f:id:nadeemsan:20170211184529j:plain
バンコクー台北の機内食。ポーク。

f:id:nadeemsan:20170211184456j:plain
台北ー成田の機内食。チキン。
この便も超満員。


そんなこんなで成田に着いたのが夜7時くらいでした。

朝から1日中飛行機で移動だけなので、効率を考えるともったいない。
やっぱり時間を有効に使うのなら、夜行便がいいです。


4日目終了。

3泊4日のバンコク旅行も終わりました。


旅のまとめ

マンダリンオリエンタル・バンコクですが、セレブ感漂う雰囲気で団体客などもおらず、のんびりホテルで疲れを癒すには最高だと思います。
自分は特にプールが良くて、本当にゆっくり出来ました。
酔っぱらってたり騒ぐ人ような人たちはおらず、プールサイドで読書や昼寝、食事を楽しむという過ごし方。
客層が年配のヨーロピアンの人たちが多いので、こういう雰囲気になるのでしょうね。

いまどき、お隣の国の人たちがいないホテルはそう多くはないでしょう。

行けるものならまた行きたい。
バンコクに行くのなら、ここに泊まりたい。

そう思いました。

でも、1泊最低¥60000~以上はします。

今回は幸運にも3泊込みのツアーで¥91000で済みましたが、通常ホテルのホームページから予約すれば3泊で¥約180000(日によって変動はあり)。
僕の一か月の手取りと変わりません。

そう考えると、気軽に泊まれるホテルではありません。
物価も安く、ホテル代も安いバンコクにおいては値段においても別格です。

でも、だからこそある一定の客層しか泊まらず、だからこそこの「お優雅」な雰囲気が保たれているのだと思います。

要は、金持ちが泊まる。
ホテルの超高級レストランやカフェ、プールサイドで食事をし、高級エステを受ける。
プールサイドにまつげパーマのために、専属の美容師を呼ばせている人もいました。
ホテルに金を落とせる人たち。

朝食ビュッフェを食べている時、食い散らかしている人たちなど皆無でした。
朝食会場ですら、ビーサンやタンクトップ、ジーパンの人はおらず、みなさん綺麗な恰好をしていました。

僕もサンダルや短パンは避けていました。

朝食は美味しかったけど、それはこのレベルのホテルともなればどこもそう大差はありません。どこだって美味しいし豪華だし種類もあります。

つまり、今僕が感じている美味しさは
単純に「料理が美味しい」というものではなくて、「マンダリンオリエンタルでセレブに混じって豪華朝食ビュッフェを食べている」という優越感にまみれた下劣な美味しさだったのです。

やっぱりここは「金を使える人」が泊まってこそ、カフェで葉巻を吸っちゃったりする遊びの出来る人達が泊まってこそ、その価値を最大限楽しむことが出来るのかなと感じました。

僕が4日間で使ったお金は、おみやげ代も入れても5000円ほどでした。
ホテルでは1円も使ってません。

繰り返しになりますが、1泊6万円払う価値があるかどうかは別にして、その客層やサービスはゆっくりするにはこれ以上ない場所と思います。


こんな素敵なホテルまた泊まれたらいいな。