読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

ASKA報道と個人情報

昨日アパートに帰ってきてテレビをつけると、夕方のニュース番組はどこもASKAに逮捕状請求の生中継でもちきりでした。

今年は芸能人の薬物で逮捕されるニュースが多い気がしますが、やはりASKAは大物というか、有名すぎる人だけあり報道も別格な感じで。
しかもまだ執行猶予中とのこと。今回は実刑は免れないだろうな。。。

自分はもろチャゲアスの世代なので、CDも数枚持ってましたしシングル曲なんかはその多くを歌えます。
なので非常に残念。

それで、今日帰ってきてまた夕方のニュースを見ると、日本テレビでは昨日ASKAがその騒ぎの真っ只中に自宅に帰宅のため乗車していたタクシーに搭載されていた防犯カメラの映像がそのままそっくり流されていました。

その映像をみていて嫌悪感を抱いたというか、「なんだこれ」と思いました。


www.youtube.com



別にASKAはタクシー内で覚せい剤をやったわけではありません。
運転手に暴力をふるったわけでも、幻覚妄想のような発言があったわけでもありません。

自宅前で芋の子を洗うように待ち構える報道人を前に、車が到着したらすぐにドアが開くようにしてほしいと交渉している姿が映っていただけです。家の前でテレビの撮影をして混んでいる、おつりはいらないからと。
ただ急いでいるからといった感じで。

容疑者であるわけですし、芸能人という立場から世間に与える影響は測り知れないでしょうから、覚せい剤に手を出した経緯などが明らかにされること・報道されることは仕方ありません。

でも、個室であるタクシー内で特別暴行をしたわけでも犯罪をしたわけでもないのに、車内の防犯カメラに写った映像を流されてしまう。
全国放送で流されてしまう。
「比較的落ち着いている様子で」とかナレーションまで入れられて。

もちろん法に触れないことだから許されているのでしょうが、でも倫理観とか個人情報なんて本当にあるのだろうかと感じました。
ASKAの容疑を報道するために果たしてこの映像を流すことが必要だったのか。
世間の人に見せる必要があったのか。
タクシー会社はいくらであの映像を売ったのでしょう。

ニュースを見ながら辟易したというか、このタクシーの防犯カメラの映像を流すことは、プライバシーとか個人情報、人としての尊厳を考えると自分は疑問に思います。
なんか気持ち悪い。
報道って、こんなこと伝えてどうしたいんだろ。

ファンだから擁護するのではありません。
僕も隠したい事実をもっています。
ASKAも隠したい事実があるのかもしれない。
というか、薬の幻覚妄想作用で本当に自分は覚せい剤をやってないと思い込まされているのかもしれません。

こんな素敵な歌詞を書く才能のある人なのに、美しいメロディーを奏でる人なのに。

www.youtube.com



僕の荷物も沈められたらいいのに。