読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

歯科と愛想

節約

半年に1回歯科検診に行っています。

自分は虫歯になりやすく、子どもの時にかなり虫歯治療しているため、奥歯は
上下左右全て銀歯が被せてある状態です。
前歯も1本差し歯だったり。
笑うと銀歯が見えたり。。。

それまでは虫歯になって痛みが出たり、詰めた銀歯がとれたら歯医者に行くといった感じだったのですが、25歳過ぎて虫歯で半年以上治療に要したことをきっかけに歯の大切さと毎日のケアの大切さを思い知り、それからは何も気になるところがなくても検診に行くようになりました。

日々のケアについては、歯磨きだけでは不十分で、これに糸ようじを組み合わせることが歯の隙間などの虫歯予防などには大切ということを教えてもらってからは、週に3~4回は糸ようじも併用しています。


今日は住んでいる自治体から成人歯科検診票が送られてきたので「無料だ、ラッキー」と思って行ってみました。

しかし、あれって虫歯があるかどうかただチェックする検診だけで、その後の歯石とったり、歯を研磨したりするのは別に治療代がかかるんですね。。。。

「検診では虫歯もないので大丈夫そうです。じゃあこの後は歯の掃除をしておきましょ
 うか」と言われ、お願いしたのですが、しっかり2030円かかりました 笑

旨い話はないですね。

ですが、歯だけは一生使うものですし、ただでさえ自分は銀歯だらけですので、
定期的に検診に行き、毎日の歯磨きも丁寧にしていかなくてはと思います。

朝一番9:30での予約であったため、5分前に歯科医院に到着。
受付には誰もおらず、奥に目をやると休憩室と思われる場所に女性が数人いる。
一番手前にいた女性がチラっとこちらを見るが、そのまま視線をそらす。
自分「・・・・」
9:30ぴったりにならないと患者が来ても対応しないんですね。
シビア。

とりあえず診察券入れに診察券だけ入れて、ソファーに座る。

2分後。

「~さま、こちらにご記入ください」

まずは、「おはようございます」じゃないのか・・・・。
朝イチで気が萎える。

その後、歯科衛生士に歯の掃除をしてもらっている際
衛生士「ちょっとこっちを向いてください」と顎をくっと動かされる。
左側が終了し右側にとりかかったため、気を利かせて右側に顔を動かすと
衛生士「動かさないでください」と顎をくっと戻される。

どっちだよ!と心でぐっとこらえる。

今の時代、日本における歯科医院の数はコンビニよりも多く、毎年多くの歯科医院が廃業し、歯科医師もクビを吊る時代ということを以前テレビで見たことがあります。
患者の奪い合いで、もはやサービス業だと思うのですが、私の行く歯科医院の受付と歯科衛生士さんはびっくりするほど愛想がないです。
担当の医師は同い年で、もう10年くらいずっと診てもらっているので行くのですが、
医師以外は・・・って感じです。


虫歯は、なってしまった後では時間もお金も余計にかかりますよね。
なるべく虫歯にならないように予防することが大切なわけですから、ちょっとの費用をケチってあとで倍返しに会わぬよう、歯科検診は半年に1度は受けようと思っています。

予防は最大の防御。