読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

セブ島と旅行記④

旅行記

セブ島旅行4日目。

3時に起床。
5:50発のフライトなので、もう帰るだけです。

ホテルの送迎で空港に4時前に到着。
ホテルセサリオからマクタン・セブ国際空港までは車で6、7分です。

そもそもチェックインカウンターは混んでいませんでしたが、
チェックイン終了時刻ぎりぎりまで待ちカウンターへ行きます。

往路と同じように、3席1列空いているところをリクエストします。

ちなみに、セブパシは事前ウェブチェックインをしてあっても、カウンターに並び
荷物などを計量する必要があります。


また、セブ島は出国税?空港使用料?がチケットに含まれていませんので、出国時に
750ペソ(1600円くらい)を支払う必要があります。
同じフィリピンでも、マニラはチケットに含まれているようです。

ここでうっかり。

手荷物検査場で腕時計とガラケーをカゴに入れてX線に通すと、そのまま忘れてきてしまいました。

でも、出国審査に並んでいる際に、空港職員の人が届けてくれました。
全然気づいてなかったので、感謝です。
くすねようと思えば簡単に出来るのに、最後の最後まで人の温かさが嬉しかったです。


その後、今年出来たばかりのプライオリティパスやダイナースなどで入れる
プラザ プレミアム ラウンジに入り、朝食を摂ります。
ちなみにシャワールームはありません。
トイレもあくまでフィリピンクオリティーです。

f:id:nadeemsan:20160718143045j:plain

f:id:nadeemsan:20160718143046j:plain


食事は生野菜やおかゆ、パンやフィリピン料理もあり十分です。
ドリンクはオレンジジュースとコーヒーくらいでした。

f:id:nadeemsan:20160718143044j:plain


中はガラガラで、自分を含め2人しかいませんでした。

20分も滞在せずに搭乗時刻になってしまったので、ゲートに向かうと
すでに搭乗はほぼ終わっており、自分が最後から2番目でした。

その後5分ほど後には血相を変えてカップルが機内に飛び込んできました。

彼らを置いていかなかったLCCセブパシ。
定時搭乗のセブパシ。
そして帰りも3席使って横にならせてくれたセブパシ。

ありがとう、セブパシ様。

ちなみに帰りは目視5割も満たない搭乗率でした。
特に、前から4列がなぜかガラガラで、非常口席は事前座席指定で1500円?くらいかかりますが、そこに座っていた若い日本人男性は離陸後安定飛行に入ると、
2列目の3席空いているところに移動していました。

果たして彼は事前に有料座席指定をしていたのだろうか・・・・
だとしたらものすごくもったいなかっただろう・・・・
もしくはたまたま非常口席にあてがわれたか・・・。

私も以前にバニラエアで、事前座席指定していなかったのにもかかわらず、
ウェブチェックインしたら非常口席でラッキーな思いをしたことがあります。


そんなこんなで30分遅れで成田空港到着。

4日間のセブ&カミギン島旅行は終了しました。