読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

やさぐれた心と幸福論

今週は心がささくれだっています。
やさぐれ野郎。

なるべく心穏やかに過ごしたいけれど、
その素質が自分にはないのか。
30歳を過ぎ40が見えてきたのに情けない。

以前パキスタンに行った際、
みやげ物屋の青年が日本に行ったことがあると話し、
その時撮った写真を見せてくれました。
その写真の中に一枚のハガキが挟まっており、裏には次の言葉が
書かれていました。

「悩みがないことが幸福ではない
 どんな悩みにも負けないことが幸福なのである
 自分だけの幸福ではない
 人を幸福に出来る人が本当の幸福者なのである」

この類のスピリチュアルな言葉って世の中にたくさんありますが、
私はこの言葉からすれば幸福ではないですね。

悩みには負け、誰かを幸せにしてはいない。

小さいことでいいんですよね。
例えば料理人であれば、自分が作った料理でお客さんが美味しいと感じてくれたり、
モノづくりの仕事であれば、それを手にした人が喜んでくれたり。
私の仕事は誰かに感謝される仕事ではありません。
私生活は記すまでもありません。

それでも生きていかなくてはなりませんから、
誰かに迷惑だけはかけない自分でいたいと思います。