読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

仕事の出来ない人と悪口を言わない人

今日は会社でつい愚痴をこぼしてしまいました。
愚痴というか、悪口ですね。

何事も我慢すればいいというわけでなく、愚痴をこぼすことは
精神衛生上必要なことだと思います。

ですが、噂話や悪口、陰口はあまり良いことではないですよね。

傍らからみてもかっこよかったり、気持ちのいいものでは決してないです。
分かっていたのに・・・・
ぐっとこらえきれなかった。
そういうことをひたすら耐えていたはずなのに自己嫌悪です。

職場の違う部署の人でよく「仕事をしない」と周りから言われている人がいます。

彼は与えられた最低限の役割はこなすけれど、
自分からは動かず他人任せ。
何かを手伝ったり、仕事がスムーズに進むよう工夫したり。
そいいう周囲との協調性もなければ努力もしないため、
同じ職場の人からは「あの人は仕事をしない、出来ない」と言われています。

その部署の人と一緒になった際に「~さんって全然仕事しないって聞きました」と言ったところ、その部署の人はこう言いました。

「でもね、~さんは絶対に人のこと悪く言ったりしないんだよね。そういうこと言って  
 るの聞いたことがない。否定とかしないし。確かに仕事はしないんだけど、それはす
 ごいなって思うんだよ。」


ぐぅの音も出なかったです。

人間性というのでしょうか。仕事は出来なくて気の遣えない人であっても、
人のことを悪く言わないというのはなかなか出来ることではありません。

自分は悪口を言わないというのはこの性格上無理だと思います。

ですが、我慢は出来るはずです。
職場で言葉にはせず、アパートで壁にでも向かって言えるようになりたい。

悪口を言って自己嫌悪に陥るくらいであれば、
全てを「好意的に誤解」してしまうことが毎日を乗り切るコツの
ような気がしました。