読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

お惣菜とお惣菜を通常価格で買う勇気

節約

閉店間際のスーパーにおける考察。


普段はあまり利用しないスーパーなのですが、その店にしか置いてないものが
あるためわざわざ買いにいきました。
閉店30分前くらいに着いたときは、まだ寿司類は半額になっていませんでした。
他のコーナーを一回りして買うべきものをカゴに入れて戻ってくると、

な、なんと、、、

店員さんがちょうど寿司コーナーに半額シールを貼っているではありませんか!

まだシールの貼られていない、狙っていたマグロの赤身にぎり寿司8貫を手に取り、

恥ずかしい思いをぐっとこらえ

「こ、これも半額になりますか?」と尋ねると、

快く「はい、なりますよ」とシールを貼ってくれました!


マグロ8貫が480円➡240円になりました。

寿司は他にも数種類ありましたが、マグロONLYの寿司詰めは
1つしか残っていなかったので、

心の中でガッツポーズです 笑

他には、かつ丼などの弁当類や、からあげやコロッケなどの揚げ物、たこやきなども半額になっていました。
半額になった一口ヒレカツ150円も一緒に買って帰ってきました。

スーパーのお惣菜って、手軽で美味しくて便利ですよね。
自分で作る手間や材料費を考えたら、けして割高とは思いません。

ですが、割引のされていない定価で買う勇気が自分にはありません。
20~50%くらい割り引かれていないと、買えません。
今の自分にとって、お惣菜って贅沢品に入ります。

ましてデパ地下とかなんて、それこそそこらへんのスーパーにはないような高級感溢れるお惣菜が100gで数百円とかするじゃないですか。
ちょっと買えば軽く1000円超えるみたいな。
あれって誰が買うんだろう、どんな人が買うんだろう、っていつも不思議に思ってましたが、でも需要があるからこそ売られているわけで・・・
むしろ夕方とかにはみな売り切れるわけで・・・

三十代独男。
いつでもお惣菜を定価で買える勇気を持ちたいものです。

しかし、マグロの寿司美味しかったです。
幸福な一時でした。
自分へのご褒美。