読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独男、日々を飛ぶ

独りぼっち男の日常

マレーシア航空と無限ループ

GWが終わり、次回の旅の計画を進めている方もいらっしゃると思います。
GWはひたすら引きこもっていた自分ですが、夏休みはどこかへ行こうとチケットを探していると、以下のチケットを見つけました。

バンコク発 成田行き マレーシア航空ビジネスクラス 往復¥75000

マレーシア航空のホームページやskysccanerで見つけられます。
どうやらプロモ料金のようです。

 


かつてバンコク発の航空券は安く、海外発券の代名詞のような時代がありました。
日本人のバックパッカーはとりあえずバンコクを目指し、バンコクから先はそこで安いチケットを買い各方面へ旅立つ。

しかし、インターネットの普及によりネットで容易にチケットが手配できるようになったことや、円安バーツ高により、近年バンコク発券の旨味はほぼなくなっていました。

しかし、この値段は安いです。
値段だけ見ればビジネスクラスで¥75000、しかもレガシーキャリアです。
シンガポール発などではこのビジネスの値段は出てきません。

ただし、安いなりに制限がありまくりです。
バンコク発、東京行き往復チケットであること・・・
②一か月Fix

予約クラスはZなので、JALへ125%マイル加算です。なんかJGC修行に使えそうですね。

バンコク発の東京行きですから、まず日本からバンコクまでの片道チケットを手配しなければなりません。このチケットの復路である東京ーバンコクを使ったら、バンコクから日本へ帰るチケットも手配しなければなりません 笑
それも1か月Fixですから、1か月以内にタイを2往復です 笑

これは永遠にバンコク発券を繰り返す無限ループに突入するしかないか?と思ったら、業績好調のLCCであるスクート航空が7月から成田ーバンコクーシンガに就航、
現在セールで東京ーバンコク間がスクートのビジネスクラスである「スクートビズ」で¥18000でした 笑

スクートビズ(準ビジネスクラス)のセール料金往復で¥39000+マレーシア航空のビジネス往復で¥75000。
合計¥115000でタイ2往復できます 笑
ただし、現在行われているスクートのセールは5月20日で終了のようです。

マレーシア航空はあの2つの悲劇が記憶に新しいですが、もともとは5☆エアラインに評価されていた実績のある、サービスには定評のある航空会社です。
経営再建中であるためサービスは簡素化されてきているそうですが、マレーシア航空は今年4月から保有するA330-300に新しいビジネスクラスのシートを搭載することが決定しており、順次シートを入れ替えています。
はい、日本路線にもA333飛ばしています。
そして、新シートはスタッガードなんです!


しかも、クアラルンプールのマレーシア航空のゴールデンラウンジはなかなか評判もよいそうで・・・

日本からマレーシアへは現在他にJAL,ANAエアアジアを含めた合計4社が直行便を飛ばしていますが、ANAはアメリカへの乗り継ぎを重視したタイムスケジュールになっているので、日本人からすれば非常に使い勝手の悪い時間帯です。
一方、ワンワールドJAL,マレーシア航空、そしてエアアジアも時間帯はいいんですよね。

冷静に考えると無理なんですが、
この値段なら心底マレーシア航空Cクラスに乗ってみたいです。
最新シートにサテーから始まる前菜・・・いいですね。

個人的には、日本ークアラ線のビジネスで今現在もTUMIのアメニティポーチがもらえるかどうかが気になります・・・経営再建中でコストカットが厳しいみたいですが、2016年現在のこの情報がなかなかありません・・・、

タイが大好きで、一か月に2回タイへ行ける方、直行便にこだわらない方、マレーシア航空の最新ビジネスシートに乗ってみたい方、3つ当てはまる人には良いチケットではないでしょうか。